• 2018年09月30日

現代演劇レトロスペクティヴ『髪をかきあげる』『ともだちが来た』

伊丹市立演劇ホールAI・HALL主催「現代演劇レトロスペクティヴ」にコトリ会議は参加します。
コトリ会議がAI・HALLでは「次世代応援企画break a leg」以来の公演になります。
当時と同じく2本だて上演です。

作品は山本が劇作をはじめるきっかけとなった鈴江俊郎氏の2本を上演。
いつもツアーする劇団のような近年のコトリ会議を支えて来てくれた客演陣に、sundayの座長・平林之英氏を新たに向かえて1990年代の空気感を2010年代に焼き直します。

『髪をかきあげる』
第 40 回岸田國士戯曲賞受賞作。1995 年、「劇団八時半」公演として、奈良史跡文化センターにて初 演。1 ステージ限定上演。都会に暮らす男女のひっかくような淋しさが交錯する夏の数日間の物語。 所収/『LEAF1 号』、戯曲集『髪をかきあげる』(白水社)
出演:牛嶋千佳、要小飴、まえかつと、三村るな、(以上、コトリ会議) 竹内宏樹(空間 悠々劇的)、原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団)、平林之英(sunday)

『ともだちが来た』
第 2 回 OMS 戯曲賞受賞作。1994 年、「二人の桟敷席」公演として、アートスペース無門館(京都)に て初演。男二人のやりとりから、人間関係の閉塞感を痛感しながら、なおも人間と生の根拠を肯定しよ うとする眼差しで描かれた二人芝居。
所収/『八時半通信 6 号』、『OMS 戯曲賞戯曲集 vol.2』
出演:大石英史、本田椋(劇団 短距離男道ミサイル)

【日時】平成 30(2018)年 11月 15日(木)~18日(日) 全8回
15日(木) 19:30『髪をかきあげる』
16日(金) 15:30『髪をかきあげる』/19:30『ともだちが来た』★
17日(土) 11:30『髪をかきあげる』/15:30『髪をかきあげる』/19:30『ともだちが来た』
18日(日) 11:30『髪をかきあげる』/15:30『ともだちが来た』
※受付開始は開演 45 分前。開場は開演 30 分前。
★シアタートーク|16(金)19:30 終演後。ゲスト:鈴江俊郎

【料金】
前売/一般 2,700円  23歳以下 2,000円(要証明)
当日(一律)/3,000円

二作品共通/4,500円(要事前精算・50 セット限定)

【チケット取扱】
アイホール
 オンライン http://www.aihall.com/ticket (要事前登録/セブン・イレブン発券/別途手数料要)
 窓口・電話予約 072-782-2000(9 時~22 時/火曜休館)
コトリ会議
 特設WEB http://kotorikaigi.starfree.jp/retro/
 電話予約 050-5240-3066
 こりっち https://stage.corich.jp/stage_main/77114

【スタッフ】
舞台監督:ニシノトシヒロ(BS-II)
音響:佐藤武紀
照明:石田光羽
舞台美術:竹腰かなこ
衣装:山口夏希
宣伝美術:小泉しゅん(Awesome Balance)
イラスト:牛島千佳、

音楽:珠水(少年王者舘)

制作:若旦那家康

主催/公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市 企画製作/伊丹市立演劇ホール
助成/文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会